blog

TOMASONが遂に岐阜県でアートフェス開催!?

どうもTOMASONの高野です。

2018年2月3日〜2月5日に地元岐阜県可児市にある
可児市文化創造センターalaにてTOMASONがKEN GIFU CULTURE SUMMITというアートフェスを主催します。

そんな一世一代のチャレンジKEN GIFU CULTURE SUMMITの開催日まで一週間ほどになったので、
イベントに対する気持ちを投稿しました。

以下、Facebookに投稿した文章のコピペです。

instaのコピー2

新年、2018年、遅くなりましたが年明けフェイスブックに初降臨しました。
「姓はTOMASON 、名はKAITO、見た目は大人でも中身はガラスの少年」こと高野と申します。
よろしくお願い致します。

2011年、10月18日(だったと思う)僕は“TOMASON ”という落書きのキャラクターをFacebookに初めて投稿した。
当時の落書きを見返して、
それはそれは下手くそなイラストだし、モヒカン頭の北斗の拳で早々に殺されるモブキャラみたいな冴えないヴィジュアルのキャラクターだしで見るに耐えない尽くしの初投稿&TOMASONの誕生だった。それから僕は現在に至るまでそのTOMASONの仲間や敵やその他大勢のモンスター達を毎日欠かさず描き続けることになる。(僕の人生で唯一誇れることは妖怪検定を持っていることと、この落書きを毎日続けていることだけだろう。)

その下手くそで冴えないキャラクター“TOMASON ”一般の感覚ならお世辞にも魅力的には思えないそんなキャラクターを称賛してくれ背中を押してくれた人々が当時のフェイスブックに存在していた。今はもうアカウントが消えていてその人達はフェイスブックをやめていると思うけど、当時の田舎者の冴えない10代のガキンチョには刺激的だったし、それが死ぬほど嬉しかったし、「これ落書き描き続けたら、世界征服できるんじゃないか!?」と錯覚するくらい僕にとっては大事件だった。

それから友人を巻き込んで落書きで世界征服をすべく、そのTOMASONのステッカーやTシャツを作ることになる、何も考えずに大量の発注して費用がめちゃくちゃに膨れたり、絶対に売れると意気込んで手刷りで100枚作ったTシャツが数枚しか売れなかったりetc,本当に行き当たりばったりで思い通りにいかないことだらけだった。うまくいったことの方がはるかに少ない。普通だったらすぐに諦めてやめてると思うけど、TOMASONに関してはネガティブな思考になった記憶がなくて次々と新しいことにチャレンジしたい意欲が溢れ出てきた。(これに振り回される被害者続出)

TOMASONというキャラクターが僕に憑依してたのではないかと思えるくらいTOMASONに関してのことになると無敵になれた。

何も知らない井の中の蛙な僕達をいろんなところに向かわせて、多くの大人たちと引き合わせてくれたのだって今考えればTOMASONだったと思う

いろいろな形に変幻しながらTOMASONは無くなることなく存在し続けました。

TOMASONを通じて本当に多くの方に出会い、多くの方にお世話になって、仲間も沢山できて。

長々と書いていて僕は何が言いたいのか分からなくなってきたぞ、、、(ここらで一気にまとめていく。)

ここまで読んでる人がいるかわからないけど、
このTOMASONってのが僕の人生に大きく影響をしているということ。

続けることで意味ができて、
続けることで仲間ができて、
続けることで成長ができて、

続けることで見えてくることも沢山あって。

僕は岐阜県出身です。
今は東京に住んでいます。

岐阜県にいたときは岐阜県にはアーティストがいない。場所がない。そもそも関心がある人がいない。そう感じながらTOMASONをいかにして発信していくか考えていました。

上京してTOMASONを続けて、
それが間違いだと気付かされて
岐阜県にはアーティストも場所も求めている人も沢山いる。
本当にそう感じる人や場面に何度も遭遇しました。

そこに気づけた自分にTOMASONが語りかけてくるんですよ。

「俺の最後の役目が来た、俺たちの手で地元岐阜県にカルチャーで人が集う場所、発信できる場所、楽しめる場所を作ろう。」

地元岐阜県にいたときにこんな場所があったらいいなと夢みてた場所を自分たちの手で作り上げる。

日本列島の中心に位置する岐阜県をカルチャーでひっくり返す場所を作る。

その波は岐阜から日本へ、そして世界へ拡大していく。

「落書きで世界征服。」

よく分からないこと長々と書いてしまいましたが
2/3-2/5にKEN GIFU CULTURE SUMMITという
アートフェスを地元岐阜県で主催します。
今、岐阜県で何かを始めようとしている少年少女たちに見てほしい。僕があの日facebookで背中を押してもらったように誰かの背中を押すことができるイベントになっているといいな。

TOMASONの最高の大勢の仲間たち、
本当に多くの仲間たちと作りあげたイベント。

1人でも多くの人に見てほしい。

だから是非、これを最後まで読んでくれたあなた。

一緒に岐阜県をひっくり返しましょうよ。

アート、カルチャーで地元が盛り上がって僕達で世界征服しましょうよ!

みんなでこのKEN GIFU CULTURE SUMMITというイベントを1人でも多くの人に知ってもらえるように伝えて下さい。兄弟、友達、本当に身近な人でも良いので伝えて下さい。

ビッグウェーブ起こしましょう。

さあ、この5人とTOMASONの最後の冒険、
最高に楽しむぞ!!

高野開登(TOMASON )
————————————
「岐阜県で岐阜県に所縁のあるアーティストたちによるアートショー」

岐阜県出身の気鋭なアーティストやTOMASONが東京で出会った地元岐阜県に紹介したいカルチャー、コミュニティーを文化創造センターにてアートショーを通して​発信します。

2018年
2月3日(土)-2月5日(月)
可児市文化創造センターala
(美術ロフト)
AM10:00-PM9:30
※最終日は16時まで
(2月3日のみ入場料¥1,000-)

◾️オープニングパーティー
(レセプションホール)
2月3日(土)
PM6:30-PM9:30
​(入場料¥1000-)
​展示やライブ、お食事もお楽しみいただけます。

◾️参加アーティスト
TOMASON、水野健一郎、木全靖陛、宮崎はこ、
平山達也、いわいともひさ、河池貢士、遠山敦、
則竹貴子、雨本洋輔、阿知波孝、超常現象、
最高記念室、etc

◾️ライブアーティスト(2/3のみ)
竹原大二&五明拓弥(総合司会)
いちろー(東京カランコロン)
宇佐蔵べに(あヴぁんだんど)
QRICKET QUARTET、LENON、丹羽和大、
やまだしげき(STUDIO SOUKO 450)、ヨルトエ、etc

◾️スペシャルブース
論LONESOME寒(熱海)
木の根っ子(フード)
CAPCA(東京)
オレンジ工房(アロマキャンドル)
etc

■スペシャルイベント
2/3 12:50〜
KEN GIFUのど自慢大会

2/4
13:00~14:30
ピカソ模写の会
絵描きワークショップ
参加費:大人1,000円、子供500円
持ち物:スケッチブック、クレヨン(色鉛筆等)

15:00~15:40
鵜飼家とまとの落語

16:30~
水野健一郎&五明拓弥&伊藤君男
トークショー

イベントサイト↓
https://kengifutomason.wixsite.com/kengifuculturesummit

イベントページ↓
https://www.facebook.com/events/317841048637936/?ti=icl

WEEKEND TOKYO × TOMASON 2017 S/S 通信予約販売開始!!!

dm2-01
現在
、東京都豊島区にあるカフェ“Chick Flick Bake”にて会場限定で受注販売している
TOKYO STREET BRAND【WEEKEND TOKYO】にTOMASONがイラスト提供したアイテムが、
遠方にお住いの方からの問い合わせが多かった為、通信販売での受付も可能となりました。

今回は【WEEKEND TOKYO】のルーツであるHIPHOPをテーマにTOMASONらしいタッチでポップかつ
キャッチーなデザインとなっております。HIPHOPを好き嫌い問わず着ていただけるようなTOMASONらしさ全開のデザインです。

名称未設定-3名称未設定-3

・2PACコーチジャケット(ブラック) ¥6,000-
・MF DOOMパーカー(ブラック) ¥5,000-
・LS Tシャツ(ホワイト、ブラック) ¥4,000-
・Tシャツ(ホワイト、ブラック) ¥3,500-
NAS(腕を組んでいるラッパー)がプリントされたデザインは+¥500です。

各アイテムサイズ展開
XS,S,M,L,XL

ご購入希望の方は件名に「WEEKEND TOKYO購入希望」明記の上
お名前と購入希望のデザイン、サイズをこちらのアドレスまでお送りください↓

love.tomason@gmail.com

予約締め切り日 2017/8/26
(追加生産は御座いませんのでこの機会に是非、お買い求めくださいませ。)

FH010012FH010015

FH010006FH000026

FH000019FH000009

FH010030FH030002

FH010019FH010023

fullsizeoutput_12d2FH020021

fullsizeoutput_1357fullsizeoutput_12a5

2017 TOMASON solo exhibition. 『SUPER ART』終了いたしました!!!

2017 TOMASON solo exhibition. 『SUPER ART』

CAPCAにて開催されたTOMASONの個展が無事に終了いたしました。
会場に足を運んでくださった方々や気にかけてくださった方々、そして機会をくださったCAPCAの皆様ありがとうございました!!

展示内容を写真で振り返ります。

DSC_0130
今回の
展示のメインキャラクター【ファックに乗る女神】

DSC_0001-1
展示会場
の正面の壁にはファックの壁画

DSC_0044
6年間描き続けている落書きは並べると爽快な景色に
DSC_0056
実は落書きで埋め尽くされている壁にもペイントが(見えてない)
DSC_0061
モンスターとラッパーのユニット【$】
DSC_0083
PLAYBOY最強説
DSC_0128

TEAM TOMASON!!!

Photo by PANORAMA FAMILY

以上、展示内容の振り返りでした!!!

CAPCAにてTOMASONの個展を開催いたします!!

dm2

2017 TOMASON solo exhibition.
『SUPER ART』
4/15sat – 4/30sun※定休日火曜日
open12:00 – close22:00

会場:CAPCA
東京都豊島区長崎5-5-3
TEL 03-5926-5142
入場料:無料

【オープニングパーティー】
4/15sat
open18:00〜
入場料:¥1000(1ドリンク付)
・ジメジメワイドショー公開収録
(19:00-19:45)
※トークショー形式で行います。
・P.O.Pミニライブ
(20:00-)

イベントページ:https://www.facebook.com/events/199265490561694/

絶賛配信中!!ジメジメワイドショー

top

TOMASONと映画大好きカルチャーおじさんことマゴさんと2人で毎回お送りしている
Podcast配信ラジオ番組「ジメジメワイドショー」絶賛放送中です!!

こちらから全配信お聴きいただけます。

そして、過去4回配信したジメジメワイドショーの番組内容をざっとおさらいしてみたいと思います!

まず記念すべきジメジメワイドショーvol.1です!!!

Vol.1 「祝・初配信!目指せTOKYO NO.1 Podcast」 ゲスト:BIKKE

image2-300x225

TOKYO NO.1 SOUL SETのBIKKEさん

初回放送ということでBIKKEさんのありがたいお話から、
NO.1 Podcastを目指していこうという初回から豪華ゲストでお送りしました。

BIKKEさんの知られざるお話や、SOUL SET結成秘話などここでしか聴くことのでき無い話もチラホラ!!

 

2016年最後の配信では!!

Vol.2「ありがとう2016年!!マゴの2016年度年間映画大賞」ゲスト:上鈴木伯周

image1-300x225
P
.O.Pの上鈴木伯周さん

2016年劇場で映画を70本以上鑑賞したマゴさんが2016年最後に年間映画大賞トップ20位を決定しました。
そして、大人気映画批評メルマガ“ぼくモテ”クルーの上鈴木さんの独自の視点から話される映画談義は映画ファンならずとも楽しめます!!

 

2017年一発目は!!

Vol.3「あけおめ!!ことよろ!!今年も飛ばすぜ!!ジメジメロマンワード選手権!!」ゲスト:中尊時まい

image2-225x300

ベッド・インの中尊寺まいさん

2017年最初にして最強の放送と呼び声高い放送内容は、
エロくないのにエロく聞こえてしまう魔法の言葉“ロマンワード”をリスナーから募集。

集まった“ロマンワード”を実際に中尊寺さんに読んでいただきどれが一番最強の“ロマンワード”か決定しました!!

思春期の男子ども集まれな放送です!!

 

そして、第4回放送は!!

Vol.4「遂に作ります、ジメジメプレゼントを考えよ!!」ゲスト:苦虫ツヨシ
image1-300x300
大人気イラストレータ兼絵描きの苦虫ツヨシさん

放送も記念すべきvol.5を目前にしてリスナープレゼントを考えると言う内容、
ジメジメなノベルティーをジメジメアーティスト苦虫ツヨシさんと徹底的に話し合って決定しました!!

アーティストならではの視点で考え出されるアイデアは聞いていても楽しいです。

是非、まだ聴いてないという方は是非、聴いてみてください!!

TOKYO NO.1 PODCASTを目指して!!!

prof2
この度
、マゴさんこと南馬越一義さんとトマソンの二人でパーソナリティーを務める
podcastラジオ番組を始めることになりました。

全貌はまだ明らかになっておりませんが、12月初旬に初回放送を配信予定です。

ジメジメっと気づいたら配信されていると思いますので是非お聞きください。

 

ライブペイントバトル in 多治見(その2)

【ライブペイントバトル in 多治見(その2)】

p1010425
何とかべた塗りマスターTOMASON山本の高速べた塗りの助けもあって8割方完成。

p1010428
そして完成間近、余裕が出てきたTOMASONはここで荒技に出る!!
なんと通りすがりのキッズに色塗りを任せたのだ!!!

p1010434
この思いっきりの良いべた塗りはさすがのべた塗りマスターTOMASON山本で敵わないとのこと、
キッズの手を借りながらも着実と絵は完成に近づいている。

p1010440
キッズに色塗りを任せた箇所はこんな感じで素敵な仕上がりになっております。
ありがとうキッズ達!!

p1010443
細かな仕上げはNEKKOさんにおまかせあれ!!

p1010457
黙々と仕上げ作業に入っております。
完成間近です!!

p1010480
タイトルなしコンセプトなし。
最初から最後までパッションで描き上げました!!!

p1010492
ちぇけら!!

ということで無事に完成!!
ライブペイントバトル結果は今ひとつでしたが楽しかったです。

ちぇけら!!

ライブペイントバトル in 多治見(その1)

【ライブペイントバトル in 多治見(その1)】
お久しぶりですTOMASONです!!!

11月3日、地元岐阜県でライブペイントバトルに参加してきました、
横一列に並んだキャンバスに20組以上のアーティストが同時にペイントをする光景は爽快の一言に尽きます。

おまけに晴れ晴れとした青空の下、最高に気持ち良いライブペイントでした。

ではそのライブペイントの模様を振り返ってみましょう!!!

p1010400
ライブペイントバトルはペイントする前からすでに戦いが始まっている。
そう場所決めのくじ引きから戦いなのだ!!!
我らがTOMASON山本が果敢にくじを引く!!!

p1010408
いったいどんな絵が完成するのか?現段階ではまだわからない。。。

p1010412
たくさんの鑑賞者の前で黙々とアウトラインから描いていく。
TOMASONペイントはとにかくおじいちゃん、おばあちゃんにウケがよかった印象

p1010416
アウトラインがようやく完成し着色が始まる、
ここでべた塗り達人TOMASON山本が発動!!!

p1010423
果たしてどんな絵が完成するのか!?
TOMASON本当に大丈夫なのか??

ライブペイントバトル in 多治見(その2)に続く。。。

TOMASON IN THE HAWAII 【その3】

TOMASON IN THE HAWAII 【その3】

p101006
TOMASON BOMB

p101003 p101009 p101092 p101094
TOMASON IN THE HAWAII【その2】でも紹介した地元のイカしたトラックに運転手合意のもと、
ペイントしてきました!!!

p101005
TOMASONクルー in HAWAII

p101001
毎週月・金曜にワイキキ周辺で停車されているのでもしもワイキキに行かれる方はTOMASONトラック探してみてください!!!

TOMASON IN THE HAWAII 【その2】

TOMASON IN THE HAWAII 【その2】

p101069
自転車で街を爽快に駆け抜けると横切るのがこの運河(名称は忘れた笑)
ここの付近は夜は治安が悪いらしい

p10105
ハワイの街中にある博物館にて。こいつに関しては一目惚れ。タイプ。

p100062
TOMASON的MVPをあげたいくらいイカしたトラック。運転手曰く、勝手に描かれるからそのままにしているとの事。
それにしてもかっこいい。。。

p1014
街中の美術館にて、赤ってパワーを感じるよね。

p1011
体験型の展示、TOMASONを探せ。

【その3】に続く。。。