blog

TOMASON SUMMER 2016 【その2】

TOMASON SUMMER 2016 【その2】

P1000609
前回更新いたしましたTOMASON SUMMER 2016【その1】の続編です。

前回の舞台は江ノ島

ですが、

今回は地元の岐阜県可児市が舞台です。

地元の憩いの場“木の根っ子”というカフェの看板を製作。
自分が幼少期の時からお世話になったカフェということもあり少し特別な思いがありました!

P1000611
最近購入したばかりのカセットウォークマンでヤマタツを流しながら颯爽とペインティング開始。
写真だとわかりませんがここはスーパーの駐車場に面しており数々のオーディエンスに見守られながスタートを切るのである笑

P1000623
ポップでTOMASONらしさ全開で描き進めること1時間、
だんだんとゴールが見えてきました。
日没で気温もいい感じで作業が捗りましたよー

P1000596
そして、店内でもTOMASONの作品を展示していただいております。
レトロな店内にTOMASONがひょっこり散りばめられております

P1000602
お茶でもしながら是非、作品も一緒に見ていただけると嬉しいですね。
個人的にはパスタがオススメです!!

P1000642
そんなこんなで看板が完成!!!
夏のビーチを歩く夫婦(店主と奥さん)をイメージして製作
地元民が集まる陽気なカフェ、素敵な空間ここにありです。

是非お立ち寄り下さい!!

木の根っ子
http://www.localplace.jp/t000163457/

TOMASON SUMMER 2016 【その1】

TOMASON SUMMER 2016 【その1】 

P1000535

こんばんはTOMASONです!
8月も残す所あと数日、
なんとなくですが夏の終わりを感じてしまいますね。

この夏、TOMASONといえばこれといった目立った活動はないのですが、
少しだけ振り返ってみたいと思います。

2016年夏、江ノ島某所
TOMASONは看板製作をするために訪れた。

P1000524
江ノ島の海辺に徒歩5分圏内の立地での製作ということもあり
最高に夏を感じられる一日となったんですが、、、、

照りつける灼熱と道具不足でなかなか苦戦を強いられながらの製作だったのを覚えている。
そして、半日かけて完成したのがコチラ!!!

P1000550
ノコギリ一つで曲線を切り抜くのがかなり時間がかかった、、、(この土地の所有者が切ったのだが笑)
夏を最大限に感じられた楽しい一日でした。

P1000546
ポップでサマーな助っ人2人に助けられながらも製作は無事に終了するのであった。

TOMASON SUMMER 2016 【その1】完

 

 

 

夏といえばTOMASON!!!

TOMASON T-SHIRT S/S2016 LOOK

今年も真夏がやってくる、そうだTOMASONを着よう!!!

P1000017

P1000025
ゲーリートマソン
のイラストがフロントに大胆にプリントされたTシャツ
ゲーリートマソンとギャラリートマソンがかけられたデザインで一枚で着てもインパクト大です。

 

P1000040
エロ漫画に
TOMASONのイラストが描かれている作品をプリントしたTシャツ
少し小さめにプリントされているためさりげない感じが悪目立ちしません。

 

P1000055
T
OMASONのポップで毒っ気のあるデザインが印象的なデザイン
LIFE IS BEAUTIFULの文字に性行為するグラフィックがなんとも言えません。

P1000073

P1000090

P1000098
こちらも
TOMASONのイラストが高めの位置にプリントされたデザイン
カラフルでポップなイラストは真夏の猛暑日にもってこいです。

「Children is the strongest.」

今やTOMASONのレギュラーイベントになりつつある地元でお世話になっている“たじみ河川敷サンデーマーケット”に本日もお邪魔してきました。

今回のワークショップの内容は、、、、、
『あなた×TOMASON らくがきフォトフレーム』

たくさんのキッズたちが思い思いに紙にペンを走らせる姿はものすごく気持ちの良い姿でこっちまで楽しくさせられました!
そして、そんな落書きをフォトフレームに額装して記念に持ち帰ってもらいました。落書きでも額装するとなんかワクワクしますよね!!!
キッズたちの自由な発想は宝ですね!!!

image1 2
ポップな
キャラクターがGOOD!!!
ハッピーな世界観がいいですよね!!!

image1 3
躍動感あふれる
ペン使いお見事です!!!
想像力を掻き立たさせられるキャラクターにも注目!!!

image1 4
まるで
花火を彷彿とさせる様な和の情緒を感じさせてくれる巧みな一枚!!!
親子で大作完成です!!!

image1
いっぱいにかかれたハートマークどれも味があり唯一無二の世界観!!!
Tシャツにプリントして期待ぐらいかっこいいです!!!

image2 2
お馴染みの三兄弟、あのアンディーウォーホルの
バナナ越えなるか!と言わんばかりのキャッチーなバナナ作品!!!
そしてひっそり後ろで見えている人物画のハッピーな感じが好きです!!!

 

image2 3
二人とも
色使いが鮮やかでワクワクさせられる素敵な絵ですね!!
自分の好きなものを描く時ってその好きな気持ちが絵に宿るので見てても楽しいですよね!!!

image2
T
OMASONの進化論をオリジナルカラーで表現してくれました!!!
紫に赤、この組み合わせは思いつかなかった、今度も真似します笑

 

こんな感じで多くのキッズたちに参加してもらいました!!!
とても楽しい一日でした。

また次のワークショップに期待下さい!!!

ではでは

TOMASON first solo exhibition “the begining and the end”無事会期満了!!!

【TOMASON first solo exhibition “the begining and the end”無事会期満了!!!】

image1

こんばんはTOMASONです!
1月23日から東高円寺にあるレコード屋さんlibraryrecordsさんにて個展を開催しておりました。
そして2月10日をもって会期終了いたしました。

本当にいろんな出会いや周りの方々の優しさに恵まれた展示だったと思います。
そして、会場を使わせてくれたlibraryrecordsさんお疲れ様でした!!!
石川県に移店しても忘れないでください!!!本当にお世話になりました。

そんなこんなで大成功で幕を閉じたTOMASON東京初個展なのでした。

めでたしめでたし。

image2

image1

image2

HAPPY NEW TOMASON 2016

【HAPPY NEW TOMASON 2016】

2016年賀状

2015年はお世話になりました、
2
016年もTOMASONを宜しくお願い致します。 TOMASON 一同

RFJ無事に終了致しました!!!

12/20 ROCK FIL JAM in ala TOMASON出展無事に完了致しました。

image1 2

image3

地元岐阜での展示、多くの方に見ていただき、知っていただき、楽しんでいただき本当に感謝です。
もっともっと地元岐阜をアートでアツい街にしていきたいと、とにかくお疲れ様でした!!!

 

では!!!

栃木・イン・ザ・スカイ

Hey YO!!! This is MC TAKANO, スマートにBLOGスタート!!!

【栃木・イン・ザ・スカイ】
みなさんごきげんよう。
唐突ですが、ここ日本に楽園があることはご存知ですか???
はいはい、みなさんおそらく沖縄のビーチとか沖縄のビーチとか沖縄のビーチとかをイメージすると思います。

沖縄のビーチ、、、、、、

違うんです。しかも日本の中心であり、人、ヒト、ひとで溢れるここ東京から電車に乗り込み2時間半ほどの距離に存在する楽園。

そう 栃木

そして栃木の中でも最高峰の楽園との呼び声高い兄の楽園

そんな兄の楽園に一泊二日で潜入取材をしてきた。その報告をしたいと思います。
image1 4
※携帯の不良のため写真がぼけています。
これが栃木県に存在する楽園、通称兄の楽園である。
12月8日、夜ここに到着した私は早々にその楽園感をかまされるのである。いきなり目に飛び込んだ光景はリビングにてすき焼きを囲みつつきながら子供から大人まで年代、性別問わず和気藹々と談笑をしている。そして私はその席に招かれすき焼きをほうばりながら兄の楽園の住人の方々と交流をはかるのである。
楽しい、いや温かい。いや、この感覚はなんだ?結局私は翌日の早朝まで楽しい時間を過ごし、いきなり兄の楽園の洗礼を受けるのであった。
今ブログ書き込みながらも戻れるものならあの時間に戻りたいと思っている私である。

image2
兄の楽園の双子園長さん上鈴木兄弟。どうやら音楽活動もしているそうだ。グループ名はP.O.P。こちらについてはブログのクライマックスに書くことにしよう。
まずは兄の楽園についてみんなに知ってもらいたい。そしてこの写真を見るということは兄の楽園に足を踏み入れた証とも言えるのである。

image2 4
今回お世話になった兄の楽園の双子園長さん上鈴木兄弟からお兄さんのタカヒロさん。上鈴木兄弟のお兄さんが住んでいる家=兄の楽園ということである。
おわかりいただけただろうか?
そんな園長お兄さんと滞在2日目の朝に連れっていかれた場所はここ栃木放送
1日の始まりがラジオから始まるこの男何者???ますますここ兄の楽園そしてお兄さんについて謎が深まっていく。。。。

image1 2
そして、ラジオの収録が終わり、その足で栃木にて長く親しまれる名店のラーメン屋にエスコートされる。すごく落ち着く店内に昔ながらクラシックな醤油ラーメン。餃子はジューシーでどんどん箸が進む。これは楽園の昼食にふさわしい。これぞ兄の楽園イン・ザ・ランチだ。
そして、栃木観光を十分に堪能し兄の楽園に再び戻ってくるとそこには子供たちが!!!!
しかも、この極寒の中かなりの薄着でひたすら何かをしている。そこでなんとか子供たちの心をつかみ、何をしているのか聞き出すことに成功した。
私:「君たちはここで何をしているんだい?」
子供たち:「スパイの基地作ってるの。」

うん良い。今時の子供たちには希薄になりつつあるロマンを私はそこに感じずにはいられなかったのである。

image2 3
子供たちの仲間に入れてもらった証がこれ。TOMASONステッカーを基地に貼ってもらう許可が下りたのだ。
忘れかけていた初心、子供の時に感じていたあのワクワク感が今蘇る。。。。やはり楽園か。
心までもそうさせるか、本当に恐るべき兄の楽園だ。

楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。気がつけばこんな時間、そうお別れの時間だ。

お兄さんと子供たちと最後のディナーを楽しみ、駅まで車で送ってもらい私の兄の楽園潜入取材は幕を閉じるのである。
本当に東京から2時間半に位置する楽園が存在した。間違いない。

image1 5
※HMV立川店にてP.O.P 2ndアルバム「おかあさんにきいてみないとわからない」。
そうそして私がもうひとつ伝えたいのがこれである。
兄の楽園の双子園長さん上鈴木兄弟が在籍し音楽活動をしているグループP.O.Pの2ndアルバムが12月2日にリリースされたのである。
その名もタイトルが「おかあさんにきいてみないとわからない」

自宅近くのHMV立川店にて購入し、兄の楽園の余韻に浸りながら私は今このアルバムを聴いている。

私が兄の楽園で感じたあの感じが、音となりで体現されている。

もうこれ以上つべこべ言いません。少しでもきになったあなた買って聴いてみ。びっくりするぜ。これが楽園って奴や。